リップル社幹部-XRPベースの送金ソリューションODLをタイで2020年に導入示唆

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社幹部-XRPベースの送金ソリューションODLをタイで2020年に導入示唆

リップル社幹部-XRPベースの送金ソリューションODLをタイで2020年に導入示唆

リップル社幹部-XRPベースの送金ソリューションODLをタイで2020年にも稼働 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

リップル(Ripple)社の幹部は、デジタル資産XRPを活用したリップルの国際送金プロダクト「ODL(On-Demand Liquidity)」の2つの追加国を確認した。

25日に公開された、スウェル会議後のインタビュー動画で、リップル社のグローバルオペレーション責任者エリックヴァン・ミルテンバーグ氏は、ODLがオーストラリアやタイに対応することを明らかにした;

「昨年メキシコを立ち上げ、その後フィリピンを追加しました。昨日、ステージ上でオーストラリアがオンラインになることを発表しました。ロードマップ上にまだ(追加)国のリストがあります。タイは2020年にある1つです。」

ミルテンバーグ氏によると、リップルは規制の不確実性に対処するため、新たな市場でODLを立ち上げる際に非常に慎重に物事を進めているという;

「世界中の管轄区域の規制当局は、デジタル資産の使用について異なる見解を持っています。中国やインドを見ると、デジタル資産に対して友好的ではありません。他の市場にはより進歩的なスタンスがあります。規制の確実性が確保されているか、顧客に安心していただける環境かを確認しながら、ODLの市場の立ち上げに慎重に取り組んできました。」

ODLはブリッジ通貨としてデジタル資産XRPを活用し、事前資金調達の必要性を排除するリップル社の国際送金ソリューションだ。最初にメキシコとフィリピンの送金回廊でスタートし、過去1年間でサインした企業数は2ダースに上る。

今月7日にオーストラリアのFlashFXがフィリピンへの支払いで正式にODL導入を発表した。

リップルによると、ODLはまもなくブラジルへの回廊も追加予定。2020年には、APAC、EMEA、LATAMを横断する回廊の計画が進行中だという。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B