「IRSによるBitstampの顧客データ取得をストップ」原告の訴え 連邦裁判所が退ける

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「IRSによるBitstampの顧客データ取得をストップ」原告の訴え 連邦裁判所が退ける

「IRSによるBitstampの顧客データ取得をストップ」原告の訴え 連邦裁判所が退ける

「IRSによるBitstampの顧客データ取得をストップ」原告の訴え 連邦裁判所が退ける +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

25日、米連邦判事は「IRSによる顧客データの取得を辞めさせたい」という原告の請願を退けた。代わりに内国歳入庁(IRS)に対し、納税者の​​取引について調べる目的で暗号資産取引所Bitstampに発行した召喚状を絞り込むよう命じた。27日にブルームバーグタックスが報じた。

裁判所は召喚状を破棄しようとする原告の訴えを退けた。要求が十分に狭められた場合、「IRSは暗号資産取引所Bitstampに関する召喚状を進めることができる」と、ワシントン西部地方裁判所のジョンC.コフナー判事は命令で述べた;

「召喚状は原告の2016年修正申告を監査するというIRSの目的とは無関係の情報まで要求している。したがって召喚状は広範だ。」

この係争は2018年6月にIRSが起こした。2016年の納税者William A. Zietzkeは、Bitstampで得た利益に対して支払った15,475ドルの還付を求めて修正申告を提出した。IRSは、Zietzkeが2016年にBitstampを使用したが、その取引を機関に開示していないことを突き止めた。

IRSは、Zietzkeの保有量開示を求めてBitstampに召喚状を送った。Zietzkeは2019年6月の請願でこれをブロックしようとしていた。

判事によると、IRSは裁判所の25日の命令から14日以内に修正召喚状を提出する必要がある。

「情報が2016年の取引の税務に関連する範囲でのみ、2016年以前の情報を要求できる。」

Zietzkeの弁護士Joseph P. Wilson氏は以前からIRSに召喚状を訂正し、縮小するよう依頼してきた。原告は今後IRSの修正された召喚状を受け取ってから7日以内であれば、反対できる。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B