仮想通貨BTC急落に『四つの要因』 ビットコインETF関連企業責任者が語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨BTC急落に『四つの要因』 ビットコインETF関連企業責任者が語る
 

仮想通貨BTC急落に『四つの要因』 ビットコインETF関連企業責任者が語る

3つの下落要因

ビットコイン(BTC)は1ヶ月間に渡る下落基調を抜けれず、11月後半には大幅な下落幅を伴う急落も確認。一時6500ドル台と6月の高値更新以降の最安値を更新している。この下落は主に中国政府の意向を示したものとの指摘があるが、ビットコインETFの元申請企業VanEck社の責任者Gabor Gurbacs氏は、4つの要因があると指摘する。

まずは、ここ二週間ほどで一連の取り締まりの強化された中国政府関連のものだ。バイナンスやトロン財団のWeibo口座が閉鎖されたことや、中国人民銀行が仮想通貨取引やICO・IEOを改めて違法と発表したこと、さらには、「海外にサーバー置きながらも、中国人を対象にする取引所を追及対象」との警告も、投資家のパニック売りに繋がった可能性があると、Gurbacs氏は指摘した。

中国政府の取り締まり強化

米国の税金対策

低流動性

開発費や出資金の換金

Gurbacs氏は「おそらく、投資家は中国政府の取り締まりを恐れて、ビットコインを売却しより安く買い戻したいだろう」との見解を述べた。

年末に近づき、税金対策を行う米投資家・トレーダーは確定申告の金額を抑えため、仮想通貨を売っていると、Gurbacs氏は指摘した。

これは日本も同様であるが、今年はアルトコインの騰落率が好調とは言い難いため、損益繰越ができない国などでは、そのまま保有を続ける投資家が多い可能性も指摘されている。

次にあげたのは、ビットコインの低流動性だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B