173事業者を閉鎖-中国人民銀行が懸念する『開発のない暗号資産の取引・詐欺的な資金調達』

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

173事業者を閉鎖-中国人民銀行が懸念する『開発のない暗号資産の取引・詐欺的な資金調達』

173事業者を閉鎖-中国人民銀行が懸念する『開発のない暗号資産の取引・詐欺的な資金調達』

173事業者を閉鎖-中国人民銀行が懸念する『開発のない暗号資産の取引・詐欺的な資金調達』 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

中国金融安定性レポート(2019)より

中国メディア・ビットコイン表示回数 引用:Longhash

25日に中国人民銀行(PBoC)は、最初に2017年に発令された暗号資産の取り締まりにおける継続的な取り組みで、「173の暗号資産取引所が閉鎖された」と報告した。

習近平国家主席がブロックチェーン技術を支持して演説した後、投機熱は再び高まった。最近、PBoCは暗号資産関連の違法行為に対する全国的な取り締まりを再度強調している。

PBoCが新たにリリースした『中国金融安定性レポート(2019)』によると、2017年以降の取り締まりにより、国内で運用された173の暗号資産取引・トークン発行プラットフォームが閉鎖された。

PBoCが主導した『ブロックチェーンに関するブルーブックレポート』によると、国内に拠点を置く28,000のブロックチェーン企業のうち、純粋なブロックチェーンテクノロジーに従事しているのは4,000で、24,000社が違法な資金調達のために独自の暗号資産やトークンを発行しようとした。

このような状況下で、北京、上海、深センなどの主要都市は、過去数週間にブロックチェーンをマーケティング材料に使用する投機・詐欺集団を取り締まる動きを加速させてきた。

規制当局の意図は、実際のチームや開発の無い詐欺的な企業とその『エアコイン』を取り締まること。こうしたエアコインを提供する可能性のある暗号資産取引所は優先的なターゲットとされた。

BissやMXCなど、知名度の高い小規模な暗号資産取引所が現在調査中。BinanceのWeibo公式アカウントは凍結されている。

メディア8BTCによると、OKExやHuobiなどの主要な暗号資産取引所はこれまでのところ影響を受けていない。引き続き中国投資家向けに(間接的に)サービスを提供している。「この2つは地方自治体と密接な関係を持っているから」と言われている。

2018年初頭、OKExの創設者Star Xu氏は、会社をいつでも国に寄付できるよう備えていると宣言した。Huobiは昨年CCP(中国共産党)支部を設立した。これは、会社がある程度政治当局に認められていることを意味する。

暗号資産取引プラットフォームは最近、マーケティングおよびプロモーション活動に関して特に慎重になっている。全国的な取り締まりが続き、『#CryptoCrackdown』が金融ニュースの見出しを飾っている。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B