東京大学がリップル(XRP)の取引を検証する「XRPバリデーター」を設置

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東京大学がリップル(XRP)の取引を検証する「XRPバリデーター」を設置

東京大学がリップル(XRP)の取引を検証する「XRPバリデーター」を設置

東京大学がリップル(XRP)の取引を検証する「XRPバリデーター」を設置 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

XRPレジャー、検証ノード

東京大学は、デジタル資産XRPの取引を検証する『XRPバリデーター』を立ち上げた。3日に米Ripple社のグローバルオペレーション担当シニアディレクターの吉川絵美氏が伝えた。

東京大学のバリデーターサーバーは、XRPレジャーのバリデーターレジストリに既に追加されている。バリデーターは、トランザクションがプロトコル要件を満たし、「有効」かどうかを判断する。

大学との取り組みは、リップル社の『大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)』の一環だ。昨年Rippleが設立したUBRIは、ブロックチェーンの研究と次世代の専門家の育成を目的としており、約55億円を出資し、33以上の大学研究機関と提携してきた。今年7月に東京大学はUBRIに参加していた。

先月、京都大学が『XRPバリデーター』を立ち上げたことが明かされていた。

リップル社は以前、XRPレジャー上のバリデータノードの大部分を制御していたが、近年、信頼性の高いサードパーティが参加し続けている。情報通信テクノロジーサービスプロバイダーNTT Communications、データセンター業界大手AT TOKYO、スウェーデンのインターネットサービスプロバイダーBahnhof等、バリデータは世界中の場所で運用されており、幅広い個人、機関、資産取引所などによって運営されている。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B