「ビットコインは助走段階」 オンチェーン指標に基づいて底入れを指摘-ウィリー・ウー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ビットコインは助走段階」 オンチェーン指標に基づいて底入れを指摘-ウィリー・ウー

「ビットコインは助走段階」 オンチェーン指標に基づいて底入れを指摘-ウィリー・ウー

「ビットコインは助走段階」 オンチェーン指標に基づいて底入れを指摘-ウィリー・ウー+仮想通貨ニュースサイト コイン東京

アダプティブキャピタルのパートナーであるウィリー・ウー氏は、ビットコイン(BTC)のオンチェーン・メトリックに基づいて「強気筋が優勢になり始め」ており「底入の可能性が高い」と主張した。

ウィリー・ウー氏は、ビットコインの上昇相場と相関してきたオンチェーンの勢いは、「数ヶ月にわたる調整後に強気ゾーンにある」と指摘した。2020年5月に行われる半減期の助走段階に入っている。

「AdaptiveFundが所有するこのインジケーターが何かは言えないが、投資家の勢いを追跡したもの。底入の可能性が最も高い、ここからの低下はただの誤差だ。」

10月初めにWilly Wooは、ビットコイン・ネットワーク総価値とトランザクション比率(NVT)に基づいて、ビットコインが『蓄積ゾーン』にあると主張していた。NVT理論は、“ビットコインのネットワーク価値がネットワーク全体のトランザクション比率を上回ると、資産価格は公正な市場価値を超えて上昇した事を意味し、修正を迎える”というもの。資産のNVTシグナルがピークに達する度に、平均で50%以上低下した。

ウー氏の考えでは、ビットコインの強気相場には3つの段階がある。1、蓄積フェーズ。2、ボラティリティが低く、長く安定した上昇フェーズ。3、ボラティリティが制御不能なバブルフェーズ。現在は第1フェーズだ。

2020年5月の半減期の数か月前にフェーズ2に入るとWooは見ている。半減期に向けた価格上昇に、強気のオンチェーンデータが一致するはずだ。その時が、「資本を投資する、あるいは確信をもってロングするのに最適な時期」だという。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B