VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン

VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン

VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

VeChain(VET)の投票システム『VeVote』

VeChain(VET)は、分散型投票プラットフォーム『VeVote』の導入プロセスを開始した。2019年12月6日から2019年12月13日の投票はVeVote スマートコントラクトを介して行われ、結果はVeChainブロックチェーンに記録される。

2018年6月30日に開設されたVeChain(『VeChainThor』)は、サプライチェーン管理の先駆的なブロックチェーンプラットフォームだ。VeChainは、企業、行政、コミュニティによる採用が継続的に増加しており、ブロックチェーン上で実行されるアプリケーションがますます増加している。

5日付けのVeChain Foundationのリリースによると、VeChainは分散型のパブリックブロックチェーンを拡張するため、ガバナンスモデルを改良するねらい。Foundationは、「このモデルがエコシステム開発の急速な進展と継続性を持つ」と期待する。

『Proof of Authority(POA)』コンセンサスアルゴリズムを採用するVeChainでは、101のAuthority Masternode(AM)がネットワークを保護している。マスターノードは少なくとも2,500万VETをステークし、報酬として『Thor Energyトークン(VTHO)』を得る。

マスターノードは貢献度によって、『Authority Masternode』、『Economic X Node』、『Economic Node』に分かれ、投票権限が異なる。ステーキングユーザーは、VeChainモバイルウォレットからVeVoteにアクセスして、要件に合致した投票イベントに参加できるようになるだろう。

VeChainのエコノミーモデルは、ガバナンス構造においてFoundationが重要な役割を果たしてきたため、他のブロックチェーンのモデルよりもやや集中化されていた。BinanceChainやアイオタ(IOTA)等のプロジェクトは、中央集権からスタートして徐々に分散化へと傾斜している。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B