東欧の大型ダークネット、仮想通貨(暗号資産)ICOを計画 違法の上に出口詐欺か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東欧の大型ダークネット、仮想通貨(暗号資産)ICOを計画 違法の上に出口詐欺か
 

東欧の大型ダークネット、仮想通貨(暗号資産)ICOを計画 違法の上に出口詐欺か

ダークウェブがICOか

ロシアや近隣諸国で展開している最大のダークネットとされるHydraは世界へと拡大していくための資金を得るため、ICO販売を通じて約1.5億ドル(約160億円)を調達すると声明を出している。ロシアメディアforklogが報じた。

12月16日に予定されているトークン販売では、一つ100ドルのトークンをビットコインで購入することができるという。トークンの「パッケージ」は、買い手にHydraが上げた利益の0.003%の配当を付与し、毎月500ドルを約束すると同サイトの覚書は述べている。この数字は月間1500万ドル(約16億円)の利益予測に基づいているという。

1,470,000トークンが発行予定であるが、「Forklog」は、ダークウェブが違法である上にプロジェクト自体が出口詐欺の可能性が高いと指摘。

ICOによる資金で、暗号化されたメッセージングサービス、プライバシー重視のブラウザ、自動化されたAIベースの紛争解決、店頭市場および仮想通貨(暗号資産)取引を組み合わせた新しいサービス「Eternos」を開発する予定と主張。

ロシアの調査サイト「Proekt」によると2019年6月の時点で、Hydraに250万の登録アカウントが存在し、そのうち約40万アカウントは少なくとも1回何かをHydra市場で購入していた。

当局による取締り

これまでに、多くの大規模ダークネットが当局の取締りを受けてきた。2011年にローンチされた「シルクロード」は、2013年に当局によって閉鎖され、創業者のロス・ウルブリヒト(別名「ドレッド・パイレーツ・ロバーツ」)は、2015年に逮捕され、終身刑を宣告された。

参考:forklog報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B