ビットコイン(BTC)の購入時期を図る2つの指標と1つのテクニカルチャート【海外トレーダー】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)の購入時期を図る2つの指標と1つのテクニカルチャート【海外トレーダー】

ビットコイン(BTC)の購入時期を図る2つの指標と1つのテクニカルチャート【海外トレーダー】

ビットコイン(BTC)の購入時期を図る2つの指標と1つのテクニカルチャート【海外トレーダー】 +仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

引用:Mayer Multiple

引用:Reserve Risk Indicator

暗号通貨アナリストのCryptoWolfは『Mayer Multiple(メイヤー倍数)』に基づいて、ビットコイン(BTC)が「購入ゾーンに入りつつある」と指摘した。

Mayer Multipleは投機的なバブルと弱気の枯渇時期を推察するために使用する指数で、『ビットコイン市場価格/ 200日MA値』で算出される。CryptoWolfは、ビットコイン(BTC)が200日移動平均に対して『買われすぎ、中立、売られ過ぎ』を示す指標として以下のような区分けを提示した;

0.60以下:長期用購入およびホールドエリア
1.90以上:高リスクエリア、BTCへのエクスポージャーを減らす
2.40以上:極度にリスクの高いエリア

Mayer Multipleは約0.75付近に位置しており、ビットコイン(BTC)がまだ長期購入ゾーンに入っていない事を示唆している。一方、長期的なポジションとしてビットコインの蓄積を開始する時期を示す別のサインが指摘されている。

トレーダーDave the Waveは、長期的な対数チャートでビットコインが『購入ゾーン』に入ったと指摘した。今年始めと同様のダイヤモンド形の強固なボトムを構築しており、クリスマス頃に底値を付けると見ている。

暗号資産ファンドIkigai Asset ManagementのリサーチャーHans Hauge氏は、『Reserve Risk』に基づいて、ビットコインの購入チャンスを指摘した。

リザーブリスクインジケーターは、『Bitcoin Days Destroyed (BDD)』を含むオンチェーン指標を組み合わせて、ビットコイン価格に対するホルダーの信頼を視覚化したもの。信頼が高く価格が低い場合、ビットコインに投資する魅力的なリスクリワードを示す(グリーンゾーン)。信頼が低く価格が高い場合、魅力的なリスクリワードを示さない(レッドゾーン)。

Hauge氏は現在、Reserve Riskが2019年Q1以来の最低水準にあり、「ドルコスト平均法で購入し始めても悪くない時期」と指摘した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B