仮想通貨ADA、テストネット「Shelley」が正常稼働 240以上のステークプールが準備完了

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ADA、テストネット「Shelley」が正常稼働 240以上のステークプールが準備完了
 

仮想通貨ADA、テストネット「Shelley」が正常稼働 240以上のステークプールが準備完了

ステークの委任ももうすぐ可能に

カルダノ(ADA)のインセンティブ付きテストネット「Shelley」の正常な動作が確認され、ステークプール運用者の準備がスタートした。16日にはすでに240以上のステークプールの準備が完了したとカルダノの技術開発機関IOHKがtwitter上で報告している。

インセンティブ付きテストネットの目的

ステークプール・ステークの委任とは

カルダノのステークプール運用者はブロックチェーンのノードを運営し、ステークを実際に行う。その際、ノードを稼働させる知識もリソースも意思もないADA保有者からのステークの委任を受けてまとめてステークする。ステークプールからのステーク量にが多いほど次のブロック作成者となる確率が高くなり(上限あり)、ブロック作成報酬はステークプールにステークを委任した人にも分配される、という仕組みだ。

テストネット用報酬ウォレットがリリースされると、11月29日午後9時時点でADA専用ウォレットの「Daedalus」または「Yoroi」ウォレットにADAを保有していたユーザーがテストネットでのステーク委任ができるようになる。

また、この委任の仕組みを利用した詐欺も予想され、公式以外のリンクを踏まないよう注意が必要になる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B