年初来高値の株式市場と明暗別れるビットコイン(BTC)|仮想通貨(暗号資産)市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

年初来高値の株式市場と明暗別れるビットコイン(BTC)|仮想通貨(暗号資産)市況
 

年初来高値の株式市場と明暗別れるビットコイン(BTC)|仮想通貨(暗号資産)市況

仮想通貨(暗号資産)市況

13日に米中貿易に関する通商交渉で第一段階の合意(一部関税引き下げと追加関税発動延期)が伝わると、投資家心理が大幅に改善され、ポジティブサプライズで株式市場は高騰した。

S&P、ナスダックは連日で史上最高値を更新したほか、日経平均株価も年初来高値の24,000円を付け、バブル崩壊後の高値24,270円に迫る勢いを見せるなど、好調に推移している。

中国は2021年にかけて、米国からの輸入を米国の対中輸出実績1870億ドルの2倍付近となる2017年水準より2000億ドル増やすとされ、第2段階の貿易合意に向けて大きく前進した。さらに13日には、英保守党が大差で勝利し、英国の政治リスクも大幅後退したことで英ポンドが急伸するなどリスクオンに傾倒していた。FRBの低金利政策も追い風だ。

12月11日に発表された発表によると、FRBは、12月13日〜2020年1月14日までの月間期間の買戻し契約(レポ)運用のスケジュールを公表。

仮想通貨(暗号資産)の分析を手がけるRhythmは、FRBが来月までに少なくともさらに4,250億ドル(46兆円規模)の巨額資金を投じる予定について、ビットコインの時価総額全体の3倍の規模だとして注目した。

明暗別れる金融市場

参考:zycrypto

好調に推移する株式市場を横目に、新規材料の乏しい仮想通貨(暗号資産)市場は軟調な相場が続く。リスクオンの株式市場でも、SBIHDやマネックス、GMO、REMIXなどの仮想通貨(暗号資産)通貨関連銘柄は、規制強化に伴う出来高の落ち込みで業績がふるわず、いずれも低調だ。

BTC価格は、14日(土)に一時80万円付近まで上昇する局面もあったが、買いが続かず値崩れし、16日現在では前日比0.74%高の77.4万円(7080ドル)と低調に推移している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B