投機以外の暗号資産のユースケース:2019年にNFTマーケットプレイスの取引数が増加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

投機以外の暗号資産のユースケース:2019年にNFTマーケットプレイスの取引数が増加

投機以外の暗号資産のユースケース:2019年にNFTマーケットプレイスの取引数が増加

投機以外の暗号資産のユースケース:NFTマーケットプレイスの取引数が増加傾向 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

0x30日平均ボリューム 引用:Messari

0xリレーヤーの月間取引量、取引数 引用:Messari

主要な分散型金融(DeFi)プロジェクトの1つ0x(ZRX)は、2019年に構築(BUIDL)が進み、結果が現れ始めている。先週Messariが指摘した。

今年始めに低下していたボリュームは、現在最大のリレーヤーである『Tokenlon』が春にローンチして以来急上昇している。

0xチームは12月2日に、マーケットメーカーを集める目的でステーキングベースの流動性インセンティブを加える『v3アップグレード』を完了した。0xプロトコル上のフィーから、彼らのオーダー量とZRXトークンのステーキング量に応じてマーケットメーカーに報酬を付与する。

v3はまた『流動性ブリッジ』によって、KyberやUniswapなどの分散型エクスチェンジ(DEX)からオンチェーン流動性にアクセスできるようにした。

上位3つのリレーはすべてDEXでボリュームの98%を占める。それでも、トレード数を見ると、『God’s Unchained』のゲーム内マーケットプレイスや、先月リリースされたNFTマーケットプレイス『TokenTrove』が突出している。TokenTroveは、God’s UnchainedとCheeze Wizardのグッズをトレード出来る。

NFTマーケットプレイスは、暗号資産投機以外の0xプロトコルのユースケースを示している。v3アップグレードは0xの重要なマイルストーンであり、ZRXトークンのエコノミクスを大きく変えた。2020年は0xにとって大きな年となりそうだ。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B