TikTok親会社、中国国営新聞社とブロックチェーン及びAI分野の合弁会社設立

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

TikTok親会社、中国国営新聞社とブロックチェーン及びAI分野の合弁会社設立
 

TikTok親会社、中国国営新聞社とブロックチェーン及びAI分野の合弁会社設立

現時点では、ブロックチェーンをどのように活用するのかなどの詳細は明らかになっていないが、すでにAIによるユーザー属性分析などのデータを積み上げてきたByteDance社の技術と経験が見込まれたことは疑う余地がない。

世界のユーザーに支持されている動画共有アプリTikTokは、2017年にはEコマース機能を追加し、単なる娯楽としてではなく、総合的なソーシャルメディアプラットフォームとして進化していくことを狙っているようだ。

TikTok人気は世界中を席巻しており、154か国、75の言語でサービスを展開し、世界のアクティブユーザー数は月間5億人に達する。

2018年第1四半期にはApp Storeでのダウンロード数第1位(ゲームを除く)、米Google Play Storeでも、2018年11月の月間ダウンロード数第1位に。第3四半期の世界アプリ市場ダウンロード数は1億8500万件に上り、Instagramを上回る第4位の座を得たという。

世界的なTikTok人気

仮想通貨関係の投稿も

2016年からは次々にTop Buzz やBuzz Videoといったアプリで海外に進出、2017年にTikTokをローンチ後、アメリカやヨーロッパのユーザーに人気だった動画投稿アプリMusical.lyを買収、統合している。

そんな同社のアプリに共通しているのが、AIによる「推薦」機能で、ユーザーの好みに応じた「オススメ」コンテンツが次々にフィードされるようになっていることが強みとなっている

TikTokでは、音楽に合わせた若者のダンス動画などを中心に人気を博しているが、ビットコイン関連のショートビデオが拡散された例もある。

クリプト起業家のThomas Schulz氏が「初めてのTikTokバイラルビットコイン」ビデオとして紹介した動画には「GPU価格上昇の理由」とのキャプションがつけられ、採掘(マイニング)機器がずらりとならぶ部屋の様子が映し出されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B