[cryptopack id="115"]

ナスダック出資の米仮想通貨取引所ErisX、17日より先物取引を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ナスダック出資の米仮想通貨取引所ErisX、17日より先物取引を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

 

ナスダック出資の米仮想通貨取引所ErisX、17日より先物取引を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/12/18 15:03

ウォール街の大手金融企業が出資した機関投資家向けの仮想通貨取引所ErisXは16日、仮想通貨の先物取引を米時間17日より開始することを公表した。

ErisXは公式SNS上では発表しておらず、メンバー企業やクライアントにのみ通知の形式で伝えた模様だ。

なお、具体的な銘柄や先物商品の詳細など明記していない。

ErisXは「ナスダック」や「マネックスグループ」、「Cboe」などの金融大手に後援されており、CFTCより先物を提供できる正規のライセンスを取得している。

CEOのは10月に、「年内、BTC・ETH・LTC・BCHの四銘柄の先物取引をローンチする予定」と明かした。すでにこの4銘柄の現物OTC取引を機関投資家中心に提供している。

ErisXは2018年10月に仮想通貨業界に参入。仮想通貨の現物・現物決済先物取引において、機関レベルのサービスを提供すると掲げることで、Bakktのライバルとして注目されていたが、2019年の半ばからは沈黙を保ち、数ヶ月間に渡ってコメントも控えていた状況だった。

Bakktがすでに米国で先物を提供している中で、ErisXが参入することにより、米国において現物決済取引の市場は2020年以降拡大していくと見込まれる。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4539

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。