ビットコイン(BTC)は下落継続!今後更に下値を下げるのか?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/18】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は下落継続!今後更に下値を下げるのか?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/18】

ビットコイン(BTC)は下落継続!今後更に下値を下げるのか?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/18】

ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/18】

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

12月16日から17日未明にかけて、それまで形成されていたトライアングルパターンから下放れを起こしたビットコイン(BTC)は本日12月18日までに下値を71万8千円台まで落としています。下落の動きを続けるビットコイン(BTC)は今後も下値を下げることになるのでしょうか?チャートを確認していきます。

ビットコイン(BTC)を取引するならレバレッジ倍率最大100倍、追証なしで初心者にもオススメなBitMEX(ビットメックス)!口座開設はこちらから
BitMEX(ビットメックス)口座開設
本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。12月16日から17日未明にかけて大陰線を形成し、それまでのサポートラインである76万円台を下方ブレイクしたビットコイン(BTC)は、同時にトライアングルパターンの下放れを起こした形になります。

12月17日未明に起きた下落の大きな要因として、12月16日時点で急増した売り注文が考えられます。これまで落ち着いた動きを見せていた売り注文チャートにて上昇の動きがあったために、ビットコイン(BTC)相場では強い売り圧力が加わったと捉えることが出来るでしょう。

下落は本日12月18日まで続いており、既に6月以降の最安値である71万円台へ接近しつつあります。

今後のポイントとして、6月以降の最安値であり、直近安値である71万円台に接触する見通しのビットコイン(BTC)がどのようなリアクションを見せるのかという点です。

仮に6月以降の最安値である71万円台で反発する動きを見せる場合、ビットコイン(BTC)チャートではダブルボトムの形を形成することになり、2019年下半期の大底を示唆するものになります。

12月16日から急増した売り注文も、大底が意識される71万円台では手放されやすい状況であり、反発の可能性としては十分に考えれます。

しかし直近安値である71万円台を仮にブレイクした場合、売り注文以上に急増している買い注文が手放される展開を見せやすく、急激な下落を起こす可能性があるため注意が必要です。

今後の値動きとしては、直近の安値である71万円台での反発に期待です。

12月16日から急増していた売り注文が短期取引の場合、解消しやすい価格帯でもあり、売り注文の解消は強い買い圧力となり、上昇チャートを形成することになります。

そのため特に注目したいポイントとして、71万円台近辺接触時の出来高の反応です。

仮に売り注文が手放される動きを見せる場合、この出来高に強い反応が見られる可能性が高いです。

仮に直近安値に接触したにも関わらず、出来高の反応が鈍い場合、売り注文した取引者の目線は更に下にあると判断する要素となりやすく、買い注文の損切と合わせてて強い売り圧力を生む可能性があるでしょう。
もしこのタイミングでトレードを始めてみようと考えた初心者の方がいらっしゃいましたら、取引所はBitMEXがおススメです。詳しい登録方法や使い方は下記記事を参考にしてみてください。

【初心者でもわかる】BitMEXの使い方(ログイン、チャート確認、入金)、手数料、評判を徹底解説

ビットコイン(BTC)相場にて今後注目したい価格帯は、直近安値であり、2019年下半期の最安値である71万円台近辺です。

今後71万円台近辺が大底として上昇チャートを形成する場合、下値を若干切り上げる可能性もあるため、反発のタイミングは72万円台近辺まで見通しに入れておきましょう。

仮に直近安値をブレイクした場合、大きな下落を見せる可能性があるため警戒しましょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B