リップル社の事業基盤:5か国6拠点・500人以上が規制やパートナーシップ拡大を強化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社の事業基盤:5か国6拠点・500人以上が規制やパートナーシップ拡大を強化

リップル社の事業基盤:5か国6拠点・500人以上が規制やパートナーシップ拡大を強化

リップル社の事業基盤:5か国6拠点・500人以上が規制やパートナーシップ拡大を強化 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

リップル社は事業を拡大し、現在世界中で500人以上のスタッフを雇用している事が分かった。他のブロックチェーンプロジェクトが縮小傾向にある中、従来の送金システムSWIFTと競合するプロトコルを提供するため、戦略的にパートナーシップを拡大し続けている。

データ分析会社Craft.coの統計によると、米国のブロックチェーンスタートアップは12月時点に世界5か国の6つのオフィスに534人を雇用している。また、Likedin中に497人存在している。リップル社は英国、米国、シンガポール、インド、ブラジルにスタッフを配置し、規制対応、パートナーシップ獲得に推進している。

Linkedinによると、同社は現在47件の求人を掲載しており、3つのグローバルオフィスで開発マネージャー職を設けて人材を探している。

100人以上の雇用者の評価平均は5つ星中4.8で、リップル社で働くことに満足しているようだ。

リップルは米国に2つのオフィスを有すが、そのうちワシントンDCは規制対策を専業に今年10月に設置された。DC規制チームのヘッドのミシェル・ボンド氏は、ロビーインググループBlockchain Associationの取締役にも就任。チームには、『トークン分類法』の立法アドバイザーを務めたロン・ハモンド氏も含まれている。ワシントンに規制チームを設置する事で、リップルはこれまで金融機関が仮想通貨を遠ざけてきた『規制の不確実性』に対処している。

また、リップル社のブラジルオフィスは今年6月に開設された。同社の国際送金ネットワーク『RippleNet』の参画メンバーの中で、ブラジルを拠点とする企業にBeeTech Global、サンタンデール・ブラジル、バンコ・レンディメント、証券会社The Front Exchange等がいる。ブラジルオフィスは南米市場の顧客サポートと、規模拡大を図っている。

リップル社はまた、10月にアイスランドの仮想通貨取引会社Algrim(アルグリム)を買収し、6名の開発チームを迎えた。Algrimチームはリップルの国境を越えた支払いルートを拡大し、ODL(On Demand Liquidity)プロダクトの開発に貢献する。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B