仮想通貨(暗号資産)を要求するマルウェア被害、前年比60%減=Kasperskyレポート

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)を要求するマルウェア被害、前年比60%減=Kasperskyレポート
 

仮想通貨(暗号資産)を要求するマルウェア被害、前年比60%減=Kasperskyレポート

仮想通貨(暗号資産)マルウェアによる攻撃、市場低迷の煽りを受け減少傾向に

2019年10月までの1年間、仮想通貨(暗号資産)を身代金として要求するマルウェア攻撃は依然活動傾向が見られる一方で、感染したパソコンでマイニングを行うタイプのマルウェアによる攻撃は去年に比べ半分以下と大きく減少していることがわかった。

情報セキュリティ企業のKasperskyは2018年の11月から2019年の10月の期間に集計された、自社のサービスを利用するユーザーにおけるマルウェアの攻撃・被害に関する分析レポート
を新たに公開した。

レポートによると、集計された約1年間を通して、KSNのユーザーのうち755,485ユーザーが身代金として仮想通貨(暗号資産)を要求するタイプのランサムウェアによる攻撃を受けた。そのうち、およそ28%は法人ユーザーが受けた攻撃だった。

仮想通貨(暗号資産)報酬型ランサムウェアの中でも最も拡散されたのは、去年に引き続き「WannaCry」だという。WannaCryは2017年ごろから活動し、世界各国で被害が拡大したことで大きな注目を集めたランサムウェアだ。

一方のマイニング型マルウェアは、依然として存在こそ確認されているものの、攻撃を受けたユーザー数は2,259,038件となり、前年比でおよそ60%減少しているという。

マイニングツールとして有名なcoinhiveは、仮想通貨(暗号資産)モネロの価格の大幅な下落などを理由として今年3月にはサービスの提供を停止するなど、実事例も確認されている。

フィッシングメールなどを経由して取引所のネットワークに侵入し、仮想通貨(暗号資産)を盗む典型的なやり方のほかに、トランザクションの承認までの猶予を利用してBitcoinATMから奪うやり方、いわゆる51%攻撃による盗難、人為的ミスによる秘密鍵の流出からの盗難の計4つが仮想通貨(暗号資産)のハッキング手口が現在の主流にあると紹介された。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B