分散型金融(DiFi)のメーカー財団、2750万ドル分のMKRトークンをVCに売却 | アジア市場拡大に向け協力【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

分散型金融(DiFi)のメーカー財団、2750万ドル分のMKRトークンをVCに売却 | アジア市場拡大に向け協力【ニュース】

分散型金融(DiFi)のメーカー財団、2750万ドル分のMKRトークンをVCに売却 | アジア市場拡大に向け協力【ニュース】

分散型金融(DiFi)のメーカー財団、2750万ドル分のMKRトークンをVCに売却 | アジア市場拡大に向け協力【ニュース】

分散型金融(DeFi)プロジェクト「メーカーダオ(MakerDAO)」を運営するメーカー財団は、ベンチャーキャピタルのドラゴンフライ・キャピタルとパラダイムが2750万ドル相当のMKR(メーカーダオのユーティリティトークン)を取得したと発表した。MKRの総供給量の約5.5%にのぼる。

発表によれば、ドラゴンフライとパラダイムは、MKR保有者として、メーカーダオの分散型ガバナンスに積極的に参加していくという。メーカーダオのアジアでの採用を増やすための取り組みをサポートしていく。

ドラゴンフライ・キャピタルのマネージングパートナー、アレクサンダー・パック氏は、次のようにコインテレグラフに語った。

「(メーカーダオは)DeFiにおける主要なプロダクトを作り出している。たとえばDAIは分散型金融における重要なステーブルコインとなった。ただし、ほとんどのMKR保有者はアメリカのベンチャーキャピタリストだ。仮想通貨は主にアジアで使われているが、メーカーダオはその地域での存在感を拡大するための支援が必要だ」

The rise of DeFi in Asia

メーカー財団のルーン・クリステンセンCEOは、アジアがDeFiのグローバルな成長の鍵であるとコインテレグラフに語った。

「DeFiは大きく発展しており、今後アジアで成長するだろう。ビットコインとイーサリアムの採用と影響力において、アジアが重要なのと同じように」

クリステンセン氏は、17日に発表した仮想通貨取引所OKExでの「DAI預金金利(DSR)」採用について、アジアでのDeFIの一般採用に向けた大きな前進だと指摘している。

DSRは11月の大型アップデートによって導入された新機能だ。ユーザーがDAIを保持することで、金利を稼ぐことができる。OKExのユーザーは、DAIをOKExのプラットフォーム上で預けることで、金利報酬を得ることができる。

クリステンセン氏は、アジアでのユーザーが多いOKExがDSRに対応したことで、アジアでのDeFi採用がさらに進むと期待を寄せている。

編集・翻訳 コインテレグラフジャパン

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B