渋谷パルコの「AKIRA」で有名な河村康輔作品、STRAYMに追加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

渋谷パルコの「AKIRA」で有名な河村康輔作品、STRAYMに追加

河村康輔作「Untitled」2017年(リリースより引用、以下同)

SMADONAは12月19日、同社が運営するアート作品の分割所有プラットフォーム「STRAYM」(ストレイム)に新たな作品の追加を発表した。12月25日より、日本人アーティスト「河村康輔」のコラージュアート作品1点を追加、所有権をトークン化して分割し、販売を開始する。

河村康輔の作品「Untitled」は、作品の時価を複数枚のトークンに分割し、1トークンあたり100円で購入できるよう所有権を分割し販売される。発表時点の時価は公表されていない。ちなみに、初回に販売されたBanksy(バンクシー)の2002年作品「Rude Copper」は、時価480万円を4万8000枚のトークンに分割し販売された。

河村氏はコラージュアートを得意とする日本人アーティスト。各国美術館で個展を開き、アディダスやユニクロなどのファッションブランドとのコラボレーション等を実施している。2017年に「AKIRA」原作者の大友克洋氏とともに手掛けた旧渋谷PARCO跡地のアートウォールは、2019年12月16日まで現渋谷PARCOで再展示され、国内外に広く知られる。

トークンはユーザー間で売買することも可能で、板取引形式のプラットフォームがSTRAYMに組み込まれている。1トークン単位で売買が可能になっている。また、販売ページでは作者による証明書などの情報も公開されている。

SMADONAは、初回販売作品のBanksy、KAWS(カウズ)、Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)の現代アート作品に、河村康輔の作品が加わり、合計4作品の所有権の販売・取引が可能になる。いずれも公開時のトークン単価は100円で、トークンを100%購入すると現物の作品を受け取ることもできるという。

STRAYMの概要

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B