[cryptopack id="115"]

米フォーブス誌 会員権支払いオプションにETHを追加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米フォーブス誌 会員権支払いオプションにETHを追加

 

米フォーブス誌 会員権支払いオプションにETHを追加

2019/12/20 13:52

米有力経済誌フォーブスは会員料金の支払いオプションに仮想通貨イーサリアムの利用を追加しました。

発表によるとフォーブスは、コード開発会社Unlockとの提携により、同社の技術を採用しイーサリアムを用いたトークン型会員権を導入したとのことです。

利用者はETHを支払ってトークンを購入すると、その期間中はフォーブス誌の記事を広告表示なしで閲覧できるとのことです。

今回の支払いオプションの価格は有効期限の期間別に設定されており、週間で0.0052ETH(約73円)、月間で0.0208ETH(約293円)とのことです。
また、期限が過ぎるとスマートコントラクトにより、自動的に失効する仕組みとなっています。

クレジットカードで決済をしたくない一定数のユーザーからの需要に応えるものと見られています。

キーを購入するためには、Opera、MrtaMax、CoinbaseWalletなどの仮想通貨ウォレットを利用する必要があります。
Forbes.comの仮想通貨選択画面へ行き、”Unlock an ads free experience”(広告表示のない体験)というボタンをクリックすることで申し込めるとのことです。

付与されたNFTトークンは転売可

支払いを完了することで取得できる会員権はノンファージブル・トークン(NFT)で付与されます。
このトークンはOpenSeaなどでの売買も可能とのことで、年間契約した会員権を途中で売りに出すことも可能とのことです。

権利をNFTで管理することで二次流通が容易になり、不要になった段階で売り出せることから購入のハードルが下がると考えられます。

ライバル誌が追随する可能性も

主要オンラインメディアであるフォーブスが仮想通貨を利用した購読モデルを打ち出したことで
業界を先導したかたちとなりました。

フォーブスでの普及拡大がある程度確認できれば、ライバル紙のNYタイムズやWSJなども追随する可能性も考えられます。

参考サイト:
”https://unlock-protocol.com/blog/forbes-ads-free/?utm_source=tw&utm_medium=tw_gl&utm_campaign=crypto_unlockprotocol”

The post 米フォーブス誌 会員権支払いオプションにETHを追加 appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4561

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。