NEM Catapultのブランド名称案は「Symbol」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NEM Catapultのブランド名称案は「Symbol」

ブランド名新案のロゴとアイコン、リリースより引用、以下同

NEM.io財団は12月20日、NEMの次期バージョン「Catapult(NEM v.2)」のブランド推奨事項に関する提案書(プロポーザル)を公表し、NEMコミュニティに向けて賛否を問うユーザー投票(POI投票)を開始した。期間は日本時間12月20日午前8時から2020年1月2日午前8時まで。

POI投票には、最新版の「NEM Wallet」バージョン2.4.7が必須になる。現在、同財団ウェブサイトでダウンロードできる。投票は、「Yes」または「No」のどちらかに少なくとも3%のPOIがあれば有効であるとみなされる。提案が通過するには、全体の65%の「Yes」票を得なければならないとしている。

Catapultのブランド名新案名「Symbol」のキャッチコピーは「Powering Possibility(可能性の拡大)」。ロゴとアイコンは、上記画像となる。デザインにフィボナッチ・メソッドを取り入れているという。詳しくは、YouTubeにて動画を公開している。

ティッカー候補は、以下の4種類。


    ティッカーの候補

  • SYMBL
  • SYMBOL
  • SBN(Symbol By NEM)
  • SFN(Symbol From NEM)

Symbolはエンタープライズ、ブロックチェーンと人々を繋げるコネクターとなり、オープンソースで完全なトラストレスを目指す。Symbolは、ブロックチェーンとビジネスをつなぐものとした。

また、Symbolの別候補には「Sekoya」が挙がっている。ブランドと商標については、調査の結果、どちらも法務と商標の承認について問題はなかったという。投票により、Symbolの提案が通らなかった場合、「Sekoya」が別の選択肢になる。なお、Catapultについては商標の問題で利用できなかったという。

今回のPOI投票による結果については、「Yes」投票が65%を超えて有効となった場合、ブランドの提案は承認されたとみなされ、プロジェクトはタイムラインに沿って進行する。3%のPOIに満たなかったり「Yes」が65%未満の場合は、提案は否認されたとみなされ、ブランド運営委員会は、コアチームとNEMエコシステムの主要なパートナーとともに、次の最適なステップについてフォローアップするとし、Catapultローンチの遅延を防ぐことに努めるとした。

【NEM Official】

Evolution of the Symbol logo

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B