「こんにちは、インフレさん」2020年の仮想通貨ビットコインとアーサー・ヘイズのお告げ【独自】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「こんにちは、インフレさん」2020年の仮想通貨ビットコインとアーサー・ヘイズのお告げ【独自】

「こんにちは、インフレさん」2020年の仮想通貨ビットコインとアーサー・ヘイズのお告げ【独自】

「こんにちは、インフレさん」2020年の仮想通貨ビットコインとアーサー・ヘイズのお告げ【独自】

100倍レバレッジが人気の仮想通貨取引所アーサー・ヘイズ氏が、「2020年に価値保存手段としてのビットコインというストーリーが再び始まるだろう」と予想した。米中貿易戦争が休戦状態になる中、デジタルゴールドとしてのビットコインを疑問視する声が出ているが、ヘイズ氏は2020年にビットコインはインフレからの避難通貨として再起するとみている。

アーサー・ヘイズの2020年見通し

以下はコインテレグラフジャパンに対して出されたヘイズ氏の”お告げ”だ。

「2008年から2019年は、全能なる中央銀行たちの時代だった。彼らは印刷機を再び持ち出して金融機関をもう二度と失敗させないと誓った。それは、量的緩和による金融資産のインフレを煽ることになった。

この時代は金融資産の保有者が栄えた。VCはマイナス成長を続けるビジネスに「成長」名目で資本という名のガソリンを注入した。その結果、格差が広がり、2016年以降「嘆かわしい者たち」が政治的な変革をもたらした。

2020年以降は、財政政策の年になるだろう。リーダたちはインフラ構築をし、人間を雇う。インフラを作るには、原材料が必要だ。2008年~2019年の間に起きた全てのビジネスの金融化によって、企業はキャペックス(資本支出)より配当と自社株買いを選好した。このため、リアルなモノへの需要が高まる中、リアルなモノの供給が追いつかなくなるだろ神話となっていたインフレのお目見えだ

ビットコインは金融だけでなく資源のインフレの恩恵も受けるだろう。金融政策全盛期の間、金持ちは債券の利回り不足を補うためにリスクの高い金融資産を買う。また金持ちは地上のモノが高騰するときに金(ゴールド)か他のハードな金融資産を買う。ビットコインがリスクオン資産でも有り、希少なコモディティでもある所以だ。それゆえ、巨大な財政もしくは金融政策の拡張期においてビットコインのパフォーマンスは良い。

価値保存手段としてのビットコインのストーリが2020年に再び始まるだろう」

【関連記事:「退屈、興奮、そしてまた退屈」ビットメックスCEO、今年の仮想通貨ビットコインを振り返る|来年の最高と最低も予想

【関連記事:「トレーダーの週末とランチタイム無くなる」仮想通貨取引所ビットメックスCEOが発言|ビットコイン10万ドル予想も

【関連記事:「仮想通貨ビットコイン2万ドルに備えよ」 アーサー・ヘイズが再び予言 FRBの緊急資金注入を受け

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B