「2020は仮想通貨普及の年」 Rippleが三大テーマを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「2020は仮想通貨普及の年」 Rippleが三大テーマを発表
 

「2020は仮想通貨普及の年」 Rippleが三大テーマを発表

Rippleがデジタル資産の未来を予想

米Rippleは、「2020年:デジタル資産の年」というタイトルの投稿で、2020年とそこから始まる次の10年間の業界傾向予測を発表した。

2020年からの10年間は、仮想通貨を含むデジタル資産やブロックチェーンが、グローバルな金融の未来を中心となって支えると予想。特に「2020」はデジタル資産の普及につながる3つのテーマに注目している。

まずはモバイルウォレットでのブロックチェーンや仮想通貨の活用だ。Rippleは今後、米決済大手PayPalを初めとする人気ペイメントアプリでの利用が主流になると試算。顧客の需要に応じ、オンラインバンクとの競争も激しくなるとみている。

こういった決済利用は、クレジット決済やローンでの活用にも波及するとという。特にこれらのメインストリームでの利用は、ケニアやナイジェリア、ラテンアメリカなど、必要に迫られる発展途上国で拡大していくとみている。

①一般消費者への普及拡大

②企業利用の加速

③仮想通貨業界の変化

さらにグローバルに利用されるようになれば、観光客がクジレットカード等に頼る必要もなくなると説明。アプリやQRコードを利用するだけで、海外で決済ができることは利便性が高く、大手IT企業によるデジタル決済領域への参入も継続すると見込む。

2つ目のテーマ:企業の採用事例の増加。従来の企業による、デジタル資産とブロックチェーンを活用したソリューションの導入が2020年より始まると予測。有名企業の活用事例が増加し、その事実が技術の信頼性を高め、普及拡大につながるとみている。

3つ目は、仮想通貨業界の変化だ。有名企業や政府機関による仮想通貨・デジタル通貨の利用例が増加すれば、その技術を持つ業界に重大な影響を及ぼしえる。特に、仮想通貨取引所の合併が進むとみている。

セキュリティやコンプライアンスへの対応、また技術開発におけるコスト増加に耐えられなくなる取引所が出てくると予想。特に小規模取引所は運営の継続が困難になり、統合され業界が再編されると分析。合併によって規模を拡大することも可能になり、バイナンスのような大手取引所とも競争できる企業が生まれる可能性もあると述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B