ネム財団理事長が語る「新ブランド戦略の配色に「紫」を選択したワケ」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ネム財団理事長が語る「新ブランド戦略の配色に「紫」を選択したワケ」
 

ネム財団理事長が語る「新ブランド戦略の配色に「紫」を選択したワケ」

Symbolの配色

ネム財団のTinsman理事長は、カタパルトの新ブランド戦略で提案された「仮称:Symbol(シンボル)」の紫色の配色を選んだ理由について、ブログで説明した。

新ブランド戦略は20日に公開された、仮想通貨ネム関連の新ブロックチェーン「カタパルト」のブランド展開に係る内容だ。「カタパルトブランディング運営委員会」が新たに新名称とロゴを提案、コミュニティ投票に提出した。「カタパルト」については、商標権の関係で利用が難しくなることから、新たなロゴや名称、配色とティッカーシンボルの変更は検討事項として進められているという。

まず、カタパルトブランディング運営委員会はブランド設計企業「Better Way Brand Agency」に、競合企業のイメージ配色の市場調査を依頼。

配色について

以上の点から、「ネムのブランドとして所有すべき配色はありきたりのブルーではなく、より鮮明で印象に残るデザインに至った」と説明した。

ではなぜパープル(紫)に至ったのか。

仮想通貨業界以外の大手企業がすでにその色を採用することで、市場効果の実績を出していることや視覚効果としての実データも理由に一つに挙がるようだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B