フェイスブックが仮想通貨リブラに不公平な優位性をもたらし得る、欧州中銀総裁の懸念

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックが仮想通貨リブラに不公平な優位性をもたらし得る、欧州中銀総裁の懸念
 

フェイスブックが仮想通貨リブラに不公平な優位性をもたらし得る、欧州中銀総裁の懸念

ECBが懸念するリブラ

欧州中央銀行(ECB)の新総裁クリスティーヌ・ラガルド氏は、Facebookが仮想通貨リブラの宣伝を行い、競争相手の排除にソーシャルメディアプラットフォームを使用する可能性について懸念を表した。

19日にEU議員へ送った手紙でわかった。

Facebook社は独自のソーシャルメディアを利用しリブラを宣伝することができるため、競争上リブラは不公平に有利になってしまう可能性がある。そのため、ステーブルコインを監督する各国の当局はあらかじめその懸念を解消する方策を整える必要がある、としている。

ロックイン効果とは、消費者が利便性や費用の側面から、一度あるメーカーの商品を購入し使用した場合に、今後も同様の商品を使い続ける傾向を指している。こういった市場戦略が可能なことは、平等な競争環境に影響を与える恐れがあると、ラガルド氏は問題視する。

なお、規制当局が関連するリスクを完全に査定するまで、リブラなどのグローバルステーブルコインは運用を開始すべきではないと指摘した。リブラなど国境を越えて普及する力を持つ仮想通貨は、国際的に各国が協力し調整する必要があるとした。

ステーブルコインという名称は誤解をもたらす

ステーブルコインを運営する団体・企業は価格の安定を約束するものの、価格は依然として基礎となる資産とガバナンスに依存するためだ。

一方で、ステーブルコインのメリットについても認めている。

具体的には、国際的な決済システムに関する多くの問題に対処することが出来る点や、銀行口座を持たない人に経済的機会を与えるのに役立つ、安価で効率的な支払いの選択肢を提供できる点を挙げた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B