「ブロックチェーンは電力を食う」は誤解です=中島真志氏

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ブロックチェーンは電力を食う」は誤解です=中島真志氏

日本でも、今後5年から10年の間には中央銀行発行のデジタル通貨をみんなが使うようになるだろう。そこではブロックチェーン技術が使われているだろう──。

仮想通貨交換所を運営するディーカレットが、2019年11月12日にメディア向けラウンドテーブルを開催、麗澤大学経済学部教授の中島真志氏による講演と質疑応答を、新聞や専門メディアの記者を相手に実施した。冒頭の言葉は、中島氏が講演で述べた内容の一部だ。

麗澤大学経済学部教授の中島真志氏

中島氏は「決済システムのすべて」(東洋経済新報社)など一連の専門書の著作があり、また2017年10月に出版した「アフター・ビットコイン」(新潮社)はベストセラーになった。中島氏の立場は、「ビットコインには批判的だが、ブロックチェーン技術は有望である」というものだ。仮想通貨に関心を持つ人からは異論もあるだろうが、ブロックチェーンの社会実装にあたっては、金融分野の専門家の意見は大きな影響力を持っている。今回の記事では、そのような観点から中島氏の講演と質疑の要点を紹介する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B