ビットコイン、2週間ぶりに7500ドル回復 |心理状態は「極端な恐怖」のまま【仮想通貨相場】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン、2週間ぶりに7500ドル回復 |心理状態は「極端な恐怖」のまま【仮想通貨相場】

ビットコイン、2週間ぶりに7500ドル回復 |心理状態は「極端な恐怖」のまま【仮想通貨相場】

ビットコイン、2週間ぶりに7500ドル回復 |心理状態は「極端な恐怖」のまま【仮想通貨相場】

12月23日にビットコインは約2週間ぶりに7500ドルを回復した。ただ、市場関係者の心理状態を表す指標は「極端な恐怖」のままとなっている。

(出典:Coin360 日本時間12月23日午前11時時点)

7500ドル回復は12月8日以来だ。現在、前日比6%近く上昇の7600ドル付近で推移している。

ただ、市場関係者は先週の6400ドルが底だったと確信を持てていないようだ。

データ提供会社オールターナティブ・ドット・ミーによると、「仮想通貨の恐怖&強欲指数」は20。「極端な恐怖」の水準が続いている。

Latest Crypto Fear & Greed Index

オールターナティブ・ドット・ミーは、ボラティリティとモメンタム、取引量、調査、ドミナンスとトレンドの5項目をそれぞれ25%、25%、15%、10%、10%で計測。0(極端な恐怖)から100(極端な強欲)で日々数値を更新している。

パラボリック上昇はまだ先?

一方、ビットコインが割高か割安かを図るMVRV Zスコアによると、現在のビットコインは割安の状態だ。仮想通貨トレーダーのホーラス・ヒューズ氏が指摘した

MVRV Z-Score

(出典:lookintobitcoin.com「MVRV Z-Score」)

歴史的に見て、時価総額(青色)が実現時価総額(黄色)をしばらく下回った後、パラボリック(放物線を描くような上昇)が起きている。2012年1月、2015年11月、2019年4月にこの現象は起きた。

現在、時価総額は実現時価総額を下回りそうな動きを見せている。

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B