仮想通貨の犯罪利用、各国で対策加速 取締りや凍結事例も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨の犯罪利用、各国で対策加速 取締りや凍結事例も
 

仮想通貨の犯罪利用、各国で対策加速 取締りや凍結事例も

仮想通貨の犯罪利用、各国で対策加速

犯罪に関与した可能性のある仮想通貨に対する判断が各国で強まりつつある。

仮想通貨のトラッキング技術が発展し、AMLの対策ツールを各取引所が複数導入(地域ごとや検知範囲の関係)する現在、ハッキングなどの犯罪者ウォレットや匿名化を図るミキシングサービスを経由した通貨への対策が世界的に整備されてきたためだ。

まさに、犯罪利用への抑制や2次被害拡大の阻止にも繋がる市場健全化の新たな動きとなる。

国外で確認された新たな事例としては、仮想通貨取引所バイナンスが展開するシンガポール向けのローカル取引所が、匿名化サービスが機能として利用できる「Wasabiウォレット」ユーザーへの警告を行なった。

バイナンスシンガポールが警告

国内でも仮想通貨関連の犯罪関与に対応

バイナンス・シンガポールは、規制当局(MASやXfers)への協力関係を強調、これらの匿名化サービスを利用したユーザーへの調査、警告を行う方針を明らかにした。

なお、同社が明かしたリスク管理ルールには、ギャンブルや闇サイト、ミキシングサービスなどに関与した取引がそれに該当するという。

ユーザーが本事例を通して警戒すべき点としては、安易にこの様なサービスを利用することや、日本ではライセンス下で運営する企業のサービスを必要性などが挙がるだろう。

業界としては、犯罪に関与する可能性のある汚染通貨として、AMLツールの発展で該当する通貨の価値が低くなる可能性も指摘される状況にどの様な対策を講じることができるかが注目ポイントとなりそうだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B