Facebookの仮想通貨リブラ、開発は順調

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Facebookの仮想通貨リブラ、開発は順調

(Image: Shutterstock.com)

Libra協会の開発チームは12月17日、ステーブルコイン「Libra」(リブラ)のノード運用クライアント「Libra Core」の開発ロードマップを更新した。発表によると、2020年以降に計画しているLibraメインネットのリリースに向け、主要な機能の設計が完了し、実装を進める段階に入っているという。

Libraの開発は、メインネットをリリースする前段階を「プレメインネット」としてオープンソースで進められている。Libraは協会会員が検証ノードを運営し、トランザクションの承認・ブロックの生成を担うという仕組みだが、プレメインネットでは8つの検証ノードが稼働中。今後の開発段階においては、ローンチ時点での協会会員100社による検証ノードの運用に向けた連携も展開していくとのこと。

Libraは6月に国を問わず民間での決済に広く利用可能なステーブルコインとしてFacebookを含むコンソーシアム「リブラ協会」から発表された。当初2020年前半でのリリース予定だった。その後、各国規制当局から安全性を追及され、リリース時期について「当局の懸念をクリアするまでは行わない」という方針に改められている。

一方でブロックチェーンとしてのシステムそのものへの批判の声は少ない。早い段階でオープンソースの開発体制が整っており、今回のロードマップの更新でも、順調に進行していることを報告している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B