ビットコイン(BTC)ドミナンスが85%を超える?Tone Vays予想|仮想通貨(暗号資産)市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)ドミナンスが85%を超える?Tone Vays予想|仮想通貨(暗号資産)市況
 

ビットコイン(BTC)ドミナンスが85%を超える?Tone Vays予想|仮想通貨(暗号資産)市況

24日の仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は、前日比4%安の80万円と反落。

7700〜7800ドルのレジスタンスライン(赤丸)+日足雲下限で上昇の勢いを削がれると、1時頃から断続的な売りが入ったことで400ドルほど下落した。BitMEXの需給を示すファンディングレートや、18日以降の急騰で4hRSIが80近くまで過熱していたことも押し下げ要因に。

反転のシグナルは見受けられるものの、現時点では、下落一辺倒だった近況から変化の兆しが見えたに留まる。7,700〜7,800ドルを上抜ければ勢い付く機運は高まるが、7,000ドル前半は先行き懸念の強まりやすい価格帯にあるため、再び6,000ドル台に突入するようなことがあれば十分注意したい。

直近最大となる27日のDeribitオプションカットに向けて様子見基調が強まる可能性もある。LXVX指数は、41.68(-22.2% ↓)とやや低下。BitMEXの未決済建玉(OI)は、$647.69M(-2.1% ↓)と上昇分を吐き出しており、短期筋の利確が考えられる。

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)ドミナンスが9割を超える?

仮想通貨(暗号資産)のマイニング(採掘)事業について、仮想通貨(暗号資産)取引やICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁じ、取り締まり強化する中国政府が今年4月に「淘汰産業」へ分類したものの、11月に仮想通貨(暗号資産)マイニング産業を廃止しない方針に切り替えていた。

なお、仮想通貨(暗号資産)アナリストTone Vays氏は、登録者数9万人を抱える自身のYouTubeで相場解説「Trading Bitcoin – Still Consolidating at $7.1k… Bullish?」を実施。2019年以降に50→70%ほどまで伸びたビットコイン(BTC)ドミナンスが来年さらに15%ほど続伸し、85%に達するとの見通しを示した。

仮にこの通りに推移するのであれば、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの主要アルトコインが低迷し、さらなる苦境に立たされることを意味する。各銘柄は個別材料で高騰する可能性はあるものの、基軸通貨BTCに振り回されるような相場が続いている。いずれにせよ、アルト市場にも資金が回るには、新規流入が不可欠だろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B