ブロックチェーン活用は「死の谷」を越えられるか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン活用は「死の谷」を越えられるか

(Image: Shutterstock.com)

情報処理推進機構(以下、IPA)は12月23日、「非金融分野におけるブロックチェーンの活用動向調査」と題した報告書を公開した。ブロックチェーン活用は現在、開発段階から事業化段階の間にある。そこには「死の谷」と呼ばれる障壁があり、IPAは谷を越えるための4つの解決の展望を示している。

IPAは非金融のブロックチェーン活用を5つの用途に分類する。それは、地域通貨とポイント・通貨以外の取引・トレーサビリティ・EDI(電子データ交換)・データの記録と管理。それぞれ、有効活用が可能かどうかなどを検証しつつ、具体的な取り組みなどをまとめた。

各分野での開発から事業化にあたっては大きな課題がある。実用化に向けIPAは、中長期的な課題・新しいビジネスモデルの創出・合意形成、ガバナンスの仕組みの構築・対応する制度、規制の整備を課題として挙げ、それぞれに対する解決の方向性を示した。

報告書概要より引用、以下同

報告書は概要としてまとめられているほか、レポートの全文は、IPAに会員登録し、アンケートに回答することで閲覧できる。

ブロックチェーンに対する誤解

調査対象事例⼀覧(国内事例)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B