仮想通貨(暗号資産)イーサリアム、PoS採用のETH2.0移行を早める提案=ヴィタリック氏

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)イーサリアム、PoS採用のETH2.0移行を早める提案=ヴィタリック氏
 

仮想通貨(暗号資産)イーサリアム、PoS採用のETH2.0移行を早める提案=ヴィタリック氏

ヴィタリック氏が新たな提案

新着記事

仮想通貨(暗号資産)イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏が、イーサリアム1.0(ETH1.0)から2.0(ETH2.0)への移行を早める方法を提案した。

具体的に今回提案されたのは、PoWのコンセンサスアルゴリズムを持つチェーンを並行運用する案を廃止し、ETH2.0実装の第一段階となる「ビーコンチェーン」に全てを移行させることでスケジュールを早める方法だ。今回の方法を実施すれば、チェーンの再構築が簡素化されるという。

Buterin氏は、今回の方法を実施する必要条件を2つ提示した。1点目はステートレスなクライアントソフトウェアの利用。これは、各ブロックに署名領域 (Witness)を生成するだけでなく、ブロックと署名領域の認証を行うためだ。もう1点は、署名領域のサイズを1〜2MBに制限するために、ETH1.0のプロトコルを変更することである。

今回の提案には早速反応も見られるが、正式に採用されるかは不透明な状況にある。ETH2.0への移行はこれまで延期を繰り返してきたが、今月に入り、ETH2.0のフェーズ0が最終テスト段階に入った。

今月15日には、イーサリアム財団の研究者で「イーサリアム2.0」の開発に携わるJustin Drake氏が、イーサリアム誕生から5周年となる7月30日が、ジェネシスブロックのローンチ日として自然な候補ではないかと提案している。

新着コラム一覧

新着プレスリリース一覧

参考資料 : Ethereum Research

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B