イーサリアム、正月三が日でもハードフォーク

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム、正月三が日でもハードフォーク

(Image: Shutterstock.com)

Ethereumは第920万ブロックにて、「ミューア・グレイシャー」(Muir Glacier、EIP-2387)のハードフォークを行う。日本時間では2020年1月2日前後に実施の見通しだ。Ethereumのブロック生成難易度を段階的に引き上げる仕組み「ディフィカルティボム」を調整するアップデートとなる。

Ethereumのネットワーク状況を集計するethernodes.orgによると、12月24日時点で過半数を上回るノードがアップデートへの準備を終えている。主なノード運用ソフトウェアでは、geth1.9.9以降、Parity2.5.12以降が対応版だ。

ミューア・グレイシャーは当初、次期大型アップデート「ベルリン」(Berlin、EIP-2070)で行う予定だったディフィカルティボムの調整を、前倒しで実施する。調整方法など詳細については記事「イーサリアム、2020年初頭にもハードフォークを計画」をご確認頂きたい。

現在、ブロック生成難易度の増加が予測よりも早く進行しており、計画に乱れが出ている。11月中頃から至急対策が必要として議論され、2020年初頭での実装が決定した経緯がある。当初は2020年最初の月曜日を基準とし、ブロック生成の難化を考慮してハードフォークのブロックが決定された。だが、予測は外れ三が日のど真ん中という日本においては1年で最も良くないタイミングが最新の予定日となっている。

仮想通貨(暗号資産)交換所の年末年始対応のまとめでお伝えした通り、今回のEthereumのハードフォーク前後には年末年始休業として仮想通貨(暗号資産)の入出金やサポート窓口を一時停止する仮想通貨(暗号資産)交換所が多い。利用中の仮想通貨(暗号資産)交換所の休業期間を確認し、早めに対応することを推奨したい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B