イーサリアム2.0に現行チェーンを組み込むプランをヴィタリックが提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム2.0に現行チェーンを組み込むプランをヴィタリックが提案

(Image: Shutterstock.com)

Ethereumの考案者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は12月24日、Ethereum2.0(Eth2)への移行に際して、現行のEth1をEth2の一部として取り込むプランを提案し、ethresear.chに投稿した。PoW型チェーンの廃止とEth2への移行をスムーズに行うことができ、Eth2で生まれる新しい仮想通貨と現行のETHの双方向の価値交換を容易に実現できるという。

Ethereumは2020年初頭から順次バージョン2.0のリリースを開始する。Eth2はシャーディング(Sharding)という仕組みを実装予定で、ネットワークの全体像は複数のブロックチェーンを並列的に組み合わせたようなものとなる。ネットワークを構成するシャードの1つに、現行のEth1をシャード0として据えようというのが今回の提案となる。

Eth2は現行のEth1に対して全く新しいブロックチェーンとして生まれ、機能追加が完了する2022年頃にはEth1は廃止へ向かう見立てだが、具体的な方針は決まっていない。ブテリン氏の提案は、Eth1を終わらせずにEth2の一部とすることで、Eth2への移行をスムーズに行えるというメリットがある。

仕組みとしては、ビーコンチェーン上でブロックの生成と検証を担うバリデータノードの一部が、シャード0の専任として就く形になる。それらのノードは、ビーコンノードとしての役割とEth1のフルノードを維持することとなる。

一方、シャード0では1ブロックに含めることができる容量に1MBから2MB程度という制限がつくという。これによりEth1で稼働中のスマートコントラクトに影響が出る可能性などが懸念されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B