「今回のビットコイン半減期は以前と異なる」-CoinShares幹部の主張が論争の的に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「今回のビットコイン半減期は以前と異なる」-CoinShares幹部の主張が論争の的に

「今回のビットコイン半減期は以前と異なる」-CoinShares幹部の主張が論争の的に

「今回のビットコイン半減期は以前と異なる」-CoinShares幹部の主張が論争の的に +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Unchained Podcastに出演したデジタル資産管理会社CoinSharesの最高戦略責任者のMeltem Demirors氏は、ビットコイン(BTC)市場の「指向性」の追加により、2020年5月頃に迎えるBTCの半減期は、以前と市場環境がまったく異なると語った。

Demirors氏は2016年7月の前回の半減期に比べて、「ビットコインの市場ははるかに大きくなった」と述べた。2016年の暗号市場に指向性は無く、投資家はビットコインを「ロング(購入)する」だけだった。

「現在、ビットコインに関与している大企業が多く、ビットコインのより深い市場が作り出す指向性によって、半減期前後の人々の取引状況が変わってくると思います。」

経済学では通常、生産者が商品の価格を設定する(Dは需要量、Sは供給量、Pは価格)。Demirors氏によると、デリバティブが発展した現在では、生産者は価格設定の権利を失っている。例えば、過去20年間に石油価格は実際には投機の発展によって動かされてきた。

Demirors氏によると、CMEグループに加えて、BakktやFidelityなど、ビットコインが投資可能な資産になるほど、その価格は需要と供給から切り離される可能性がある。「金融化」されたビットコインは、最終的にマクロ市場と相関すると指摘する。

それでもDemirors氏は、ビットコイン市場はより好ましい状況となっており、需要が増加し、供給が減少傾向にあると語った。

「人々は退職口座でビットコインへのエクスポージャーを望んでいるという事実があり、トレーダーがデリバティブを取引できる場所は数百とは言わないまでも数十あるという事実は、BTCの採掘報酬量を効果的に減らす半減期に価格に影響を与えるかもしれない。」

「人々が半減期前後にどのように取引するのか、特に一部の高頻度取引会社の動きは興味深いと思います。」

Demirors氏の投稿は賛否両論で多くの反響を呼んでいる。反対論者の中には、CFTC先物やETFを導入してきっかけに上昇した金の事例を投稿する人もいた。また、誰も資産として買いたがらない石油とデジタルゴールドを比べるのはナンセンスとする声も上がった。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B