『仮想通貨でモノを売買』eコマースプラットフォーム「和らしべ」誕生

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『仮想通貨でモノを売買』eコマースプラットフォーム「和らしべ」誕生
 

『仮想通貨でモノを売買』eコマースプラットフォーム「和らしべ」誕生

仮想通貨で支払いができるフリマが登場

仮想通貨で商品を購入できるサービスが日本で登場した。

取引中二者のどちらかが調停を依頼するトランザクションをスマートコントラクトで実行した場合のみロックアップを解除して資金のリリースまたは返金のみ可能な権限が調停者(運営)に付与されます。リリースまたは返金を通してバイヤーとセラーの二つのアドレスのみに資金移動が可能で調停者(運営)自身のアドレスに資金を移すことはできません。セラーはバイヤーにいつでも返金可能です。

フリマや商品の代理購入マッチングサービスを提供する「和らしべ」は、取引で暗号資産を支払い手段として利用することができる。

ダブルデポジットエスクローで第三者が調停しない方式も考えましたが完全二者間のエスクローでは不正リスクが完全に取り除けない。責任の所在になる運営が第三者エスクローエージェントとして間に入るのが既存の技術で最適解だと判断しました。

現在はテストネット(お試し版)が公開されており、本番環境へ移行後、商品の購入者はイーサリアムのほか、ALIS、ARUK(アルクコイン)といった日本発の仮想通貨を商品の購入の決済手段として使うことが可能だ。

またテストネットで稼働しているスマートコントラクトは、まだベータ版でメインネットに向けてこれから改善や検証などを重ねていきます。

暗号資産古物商協会の設立

和らしべのサービス内容

安全性を保つ対策とは

和らしべ運営にインタビュー

クラウドファンディングで支援受付

2019年10月28日には、「暗号資産(仮想通貨)は投機目的の売買が多く、日常決済にはほとんど利用されていない状況」を改善することを目指し「暗号資産古物商協会」が設立された。

暗号資産古物商協会監事の岡部典孝(@noritaka_okabe)氏は、この点についてコインポストの取材に応じ、以下のように言及していた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B