[cryptopack id="115"]

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説

 

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説

2019/12/26 01:00

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説

仮想通貨投資を始めるためには取引所の開設が必要です。しかし、国内には数多くの仮想通貨取引所があることから、どれを選んだら良いか迷っている方も多いと思います。この記事では、仮想通貨取引所の選び方と国内のおすすめ仮想通貨取引所を紹介します。

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所を選ぶときは下記のポイントを意識してください。

  1. 取り扱い通貨数
  2. 手数料が安い
  3. セキュリティの信頼性

特に仮想通貨初心者の方は上記の項目を基準に選ぶことがおすすめです。

取り扱い通貨数

仮想通貨と言えば、時価総額トップであるビットコインのイメージが強いですが、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などのコインがあります。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)をどれだけ取引できるかという点はとても重要です。仮想通貨取引所は日本円でビットコインやアルトコインを購入できるだけではなく、ビジネスマを基軸通貨としてイーサリアムやリップルを購入することもできます。

2018年に仮想通貨バブルが崩壊をしてからすべての仮想通貨が暴落しましたが、裏を返すと「価格が安くなってる今がチャンス」とも考えられます。利益を生み出すチャンスを増やすためには、取り扱いの多い取引所での開設がおすすめです。

手数料が安い

仮想通貨取引所では、主に下記のような手数料がかかります。

  • 取引手数料(スプレッド)
  • 仮想通貨送金手数料
  • 出金手数料

このなかでも取引手数料は頻繁に発生するので、できるだけ手数料の安い取引所を選びましょう。

スプレッドとは、仮想通貨を取引所で購入・売却する際に発生する買値と売値の差額です。例えば、大手仮想通貨取引所のビットフライヤーでは、1BTCの購入・売却はそれぞれ下記の値段になっています。(赤枠参照)

 

購入価格と販売価格には¥40,085の差額があります。「ビットコインが値上がりしたから売ったのに利益が出ななかった」という場合は、スプレッドが関係していると言えます。

スプレッドが発生する理由と手数料をおさえるコツ

スプレッドが発生する理由は、仮想通貨取引所の販売方法が異なるからです。ビットコインなどの仮想通貨は2通りの購入方法があります。

  • 仮想通貨販売所
  • 仮想通貨取引所

仮想通貨販売所は、販売所を運営している企業と売買取引をします。ユーザーが「1BTCを購入したい」という意思を見せると、企業は「1BTCは〇〇万円です」と金額の提示をして取引をします。企業は手数料を利益としているので、購入価格と売却価格にスプレッドが発生します。

一方、仮想通貨取引所では取引所に参加しているユーザー同士が仮想通貨の取引をします。「1BTCを80万円で売りたい人」と「1BTCを80万円で購入したい人」をマッチングさせることでスプレッドの発生がおさえられます。

仮想通貨の売買を頻繁におこなう人は、仮想通貨販売所ではなく仮想通貨取引所で購入しましょう。

セキュリティの信頼性

取引所のセキュリティの高さは重要です。過去にCoinCheckが大量のネム(NEM)をハッキングされたように、セキュリティが脆弱だと自分の預けていた資産がなくなる恐れがあります。

  • 二段階認証設定の有無
  • マルチシグに対応
  • コールドウォレットを実装

これらの項目を基準として取引所を選びましょう。

【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選

仮想通貨取引所の選び方をふまえて、2020年におすすめできる仮想通貨取引所は下記の3つです。

  • Coincheck
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは国内ネット証券の最大手マネックスグループが運営している仮想通貨取引所です。かつて、ネム(XEM)の大量ハッキングがありましたが、大きく方針を変えてセキュリティの改善をしています。

  • 基本的な手数料が無料
  • スマホアプリで簡単に取引ができる
  • 初心者でも使いやすい画面

Coincheckは、他の仮想通貨取引所の口座やウォレットから仮想通貨を送金する際にかかる手数料が無料です。また、取引所で売買するときの手数料も無料なので、ユーザーファーストの取引所と言えます。

アプリながらチャート機能も搭載しているので、初心者でも本格的な取引ができます。

GMOコイン

GMOコインは、数多くのインターネットサービスを展開するGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

  • サーバーの強さは国内最高級
  • 【取引所・販売所】の2種類の取引機能
  • コールドウォレットに対応している

GMOグループはレンタルサーバー事業も展開しているので、サーバーのセキュリティ体制も強力です。【取引所・販売所】の取引機能があるので、初心者から上級者まで活用できることも魅力。コールドウォレット内だけですが、マルチシグに対応しているのはユーザーにとっても安心です。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは大手企業のDMM.comが運営している仮想通貨取引所です。FX口座数日本一の会社が運営しているので信頼できます。

  • アルトコインでレバレッジ取引ができる
  • コールドウォレットに対応

DMM.comの最大の特徴はアルトコインのFX取引ができることです。上級者向けの機能ではありますが、スマホアプリからも簡単に売買できるので、初心者でも使いこなすことができます。

レバレッジの倍率は最大5倍となっており、損失を防ぐためのロスカットも高めに設定されているので幅広いユーザーから支持されています。

【2020年】仮想通貨取引所選びは自分の目的に合わせることがおすすめ

国内にはさまざまな仮想通貨取引所がありますが、取り扱い通貨数やセキュリティ、手数料の項目から自分に合うものを選びましょう。本格的な取引を目指す場合はDMM.BitcoinのようなFX機能が搭載された取引所がおすすめです。

 

仮想通貨取引所の関連記事


LINEが国内向け仮想通貨取引所『BITMAX』開設 LINE Payで入金可能

LINEの子会社でブロックチェーン事業を展開するLVCは、日本向けの仮想通貨取引所『BITMAX(ビットマックス)』を開設した。LVCは9月6日に金融庁の定める仮想通貨交換業者登録を済ませている。 L … 続きを読む LINEが国内向け仮想通貨取引所『BITMAX』開設 LINE Payで入金可能


仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)の取引手数料など徹底解説!

バブル期を過ぎ、安定期に入ったとも言える仮想通貨市場。一時期に比べると、大きな盛り上がりこそ見せてはいませんが、今もなお、多くのサービスが生まれ続けています。今回紹介するのは、2019年5月30日にサ … 続きを読む 仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)の取引手数料など徹底解説!


SBIが仮想通貨取引所『VCTRADE』サービス開始 業界最低水準のスプレッド

SBIホールディングス参加のSBIバーチャル・カレンシーズは4日、仮想通貨取引所『VCTRADE』のサービスを開始した。まずは日本円とXRPのペアから取り扱いをスタートし、随時ビットコイン、ビットコイ … 続きを読む SBIが仮想通貨取引所『VCTRADE』サービス開始 業界最低水準のスプレッド

The post 【2020年】おすすめ仮想通貨取引所3選|選び方のポイントも解説 appeared first on Coin7 仮想通貨ニュースメディア.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4606

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。