イーサリアムの共同創設者がシンプルな代替案でEthereum 2.0移行のスピードアップを図る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアムの共同創設者がシンプルな代替案でEthereum 2.0移行のスピードアップを図る

イーサリアムの共同創設者がシンプルな代替案でEthereum 2.0移行のスピードアップを図る

イーサリアムの共同創設者がシンプルな代替案でEthereum 2.0移行のスピードアップを図る +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

23日、イーサリアムの共同創設者ヴィタリク・ブテリン氏は、Ethereum 2.0への移行を早める代替案を提案した。

「ヴィタリク・ブテリンは、#ETH 2.0にデータを移行するという、より速い方法を提案した。これは待望のアップグレードが予想よりも早く行われる可能性があることを意味します。ETH 1.0をETH 2.0システムのシャード0にするというアイデアは見事にシンプル。ただし、技術的な詳細はまだ整理する必要があるが。」

ETH Researchへの投稿で、ブテリン氏はEthereum 2.0のBeacon Chain上に「ETH1フレンドリーバリデータ」を設置して、Ethereum 1.0からEthereum 2.0にデータを完全に移行させる「加速スケジュール」を提案した。ブテリン氏によると、代替案ではネットワークの再設計にかかる作業が削減される。

「具体的にはステートレス・クライアントを必要とするが、ステートレス・マイナーやWebアセンブリは必要ないため、再構築の必要性ははるかに低下する。」

ブテリン氏の代替案によれば、ETH1に適したバリデーターは、古いEthereum 1.0ノードとEthereum 2.0 Beacon Chainの両方を運用することが期待される。

「eth1システムに参加したいバリデーターは、自分自身をeth1フレンドリーなバリデーターとして登録でき、Beaconノードに加えてeth1フルノードの管理が期待される。eth1フルノードは、シャード0のすべてのブロックをダウンロードし、更新されたフルなeth1ステートを維持する。」

提案された移行手順の結果として、イーサリアムネットワークのトランザクションコストはわずかに増加する可能性があるとブテリン氏は加えた。コントラクトを呼び出すには、コードのバイトあたり1〜2ガス追加する必要があり、単純なERC20トランザクションは5〜10%増加する:

「実際には平均的なアプリケーションにそれほど罰則(影響)はないが、多くのアプリケーションは、より少ないフルサイズのコントラクトを使用するために自身を再構築する必要がある。実行性がかなり低下する例外的なアプリケーションがいくつかあるだろう。シンプルなERC20トランザクション(DAIを含む)は、最大5〜10%割高になるかもしれない。」

イーサリアムのコア開発者は、2020年にEthereum 2.0の「フェーズ0(Beacon Chain)」のローンチを予定している。Beacon Chainがローンチすると、イーサリアム(ETH)のステーキング(PoS)が可能になる予定だ。PoSに対する証券性を指摘する声や、開発者による売却圧力も懸念されるなど、イーサリアムを巡る市場環境は変化しやすい。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B