ビットコイン(BTC)は嵐の前の静けさか、海外投資家の考察は|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は嵐の前の静けさか、海外投資家の考察は|仮想通貨市況
 

ビットコイン(BTC)は嵐の前の静けさか、海外投資家の考察は|仮想通貨市況

仮想通貨市況

26日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-0.44%の78.6万円とやや続落。

先月末に揉み合ったライン(約7100ドル:78万円)で切り返すも反発は弱い。高値こそ切り下げているものの、安値も下げ渋り、下降ウェッジのような形状となっている。

7100ドルを下放れした場合、6900ドル水準まで一気に押し込まれる可能性があるが、明日27日には、CMEのBTC先物SQのほか、仮想通貨オプション取引所Deribitにおける直近最大級のオプションカットオフ、中華系大手仮想通貨取引所OKExのオプション取引所ローンチなど重要イベントが重なっており、様子見基調が強まっている。

ビットコイン(BTC)市況

海外アナリストの見解は?

また、CoinMetricsのデータによれば、2019年以降右肩下がりで推移していた、海外取引所における顧客の預入資産(BTC数量)が、急反転し始めていることがわかった。

仮想通貨トレーダーのTraderXO氏は、ツイッター上で自身の考察について以下のように説明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B