フェイスブックの仮想通貨リブラ、「よく考え抜かれた仕組み」が裏目に=中島教授が指摘【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックの仮想通貨リブラ、「よく考え抜かれた仕組み」が裏目に=中島教授が指摘【ニュース】

フェイスブックの仮想通貨リブラ、「よく考え抜かれた仕組み」が裏目に=中島教授が指摘【ニュース】

フェイスブックの仮想通貨リブラ、「よく考え抜かれた仕組み」が裏目に=中島教授が指摘【ニュース】

『アフタービットコイン』の著者であり、決済・送金分野の専門家である中島真志教授は、26日の日経新聞に寄稿し、フェイスブック主導の仮想通貨リブラはその完成度の高さから、世界各国から批判を集めていると指摘した。

中島教授は、リブラについて、ビットコインや中央銀行のモデルを研究した「よくできた仕組み」だと評価。考え抜かれた仕組みと、フェイスブックの20億人以上のユーザーベースがあるからこそ、世界各国の当局から強硬な反発を生んだと指摘する。

リブラが複数の法定通貨のバスケットを裏付けとし、需要量に応じた供給量とする柔軟な発行方針を取ることで、ビットコインのような価格の乱高下を防いでいる。

また中島氏の分析によれば、リブラは、香港の「カレンシーボード制」やシンガポールの「バスケット通貨制」、通貨発行によって利益を得る「シニョレッジ(通貨発行益)」など中央銀行のビジネスモデルを多く取り入れている。

考えられるリブラ規制案は?

中島氏は、リブラを全面禁止にするという選択肢は、通貨主権を巡る泥沼の論争を呼ぶ可能性があるため、難しいと述べる。

リブラに対する銀行免許取得義務付け、決済ネットワークSWIFTのような関係国よる「協調監督」が考えられると分析している。

またフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが10月の議会証言で「当局の承認がなければ始めない」と発言していることから、中島氏は2020年前半のローンチは難しいのではないかと予測している。

【関連記事:「米当局が仮想通貨リブラを承認しなければ、フェイスブックは離脱する」ザッカーバーグCEO、議会証言で発言

【関連記事:2020年は中央銀行デジタル通貨元年に、中島教授「中国やカンボジアで実用化進む」

【関連記事:「銀行が共同で仮想通貨取引所の設立を」 中島教授がXRPのクロスボーダー利用拡大に向け提案

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B