仮想通貨イーサ 9万ETHをクラーケンに売却、実行者はイーサリアム共同創業者の1人か【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサ 9万ETHをクラーケンに売却、実行者はイーサリアム共同創業者の1人か【ニュース】

仮想通貨イーサ 9万ETHをクラーケンに売却、実行者はイーサリアム共同創業者の1人か【ニュース】

仮想通貨イーサ 9万ETHをクラーケンに売却、実行者はイーサリアム共同創業者の1人か【ニュース】

仮想通貨取引所クラーケンに仮想通貨イーサ9万2000ETH(約12億円)が送金された問題について、イーサリアム共同創業者でコア開発者の1人、ジェフリー・ウィルケ氏による可能性が出ている。

【関連記事:「ヴィタリックはクジラ」説が浮上、仮想通貨イーサにさらなる売り圧力?

当初、大量のETHを移動させたのは、ヴィタリック・ブテリン氏ではないかとの指摘が出ていたが、ツイッター上ではウィケル氏の関与が指摘されている。

(出典 Twitter )

Githubのプロフィールによれば、ウィケル氏はGrid Gamesの共同創業者でもある。引用されたツイートの中で、ウィケル氏は「私のゲームのためにお金が必要だ」と述べている。

証拠はブロックチェーン上に

イーサスキャンによれば、ジェフ・ウィケルの名前で登録されているETHアドレスが9万ETHをクラーケンに移動させていることを示している。

2016年1月、イーサリアム財団の開発ウォレットから資金提供されたアドレスは、40万8,000ETHを移動させている。16年1月から今年末まで、継続的に売却や移動を行っているが、これが12月25日に急減している。

アドレスにはまだ21万8000ETHがあるが、9万ETHがほかのアドレスを経由して、最終的にクラーケンに移されている。

またイーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏は、12月11日に配信されたポッドキャストの中で、イーサリアム財団が18年1月に1,400ドル近辺で取引されていたETHを売却し、約1億ドルを得たと明らかにしている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B