仮想通貨(暗号資産)ADA、テストネットが好調推移 インセンティブ設計が影響か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)ADA、テストネットが好調推移 インセンティブ設計が影響か
 

仮想通貨(暗号資産)ADA、テストネットが好調推移 インセンティブ設計が影響か

Shelleyの進捗

カルダノ(ADA)の技術開発機関IOHK最高責任者Charles Hoskinson氏は、Shelleyテストネットワークに関する最新の進捗状況を伝えた。

主な要旨は以下の2点だ。

テストネットの運用だが、実際の仮想通貨(暗号資産)を稼げるインセンティブの設計を取り入れたことが運用推移の好調さに繋がっていると見られる。

PoolToolのデータによると、テストネット上でステーキングを行なっているテストネット用ADAは90億ADAに到達。ADAの総発行数の約29%にも相当するという。

ロードマップによると、今回のテストネットは、独自かつ世界で初めて学術的に安全性が証明されたPoSアルゴリズムである「OUROBOROS(ウロボロス)」の実証実験を行うためのもの。ウロボロスを設計する上で必要なゲーム理論を機能させるため、テスト環境でもインセンティブが組み込まれるテストネットを公開する。

なお上記のアップデートのほか、最新版ウォレットDaedalusの安定性向上とUX機能改善にも着手しているという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B