露中銀、実物資産連動ステーブルコインの試運転を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

露中銀、実物資産連動ステーブルコインの試運転を開始
 

露中銀、実物資産連動ステーブルコインの試運転を開始

露:ステーブルコインの規制サンドボックス

ロシアの中央銀行「ロシア銀行」が、実物資産に裏付けられらステーブルコインのテストを規制サンドボックス上で開始したことが報道された。

複数の大手企業はその発行を試験的に行うという。

サンドボックスとは「砂場」の意味。革新的技術を企業が事業化するにあたって、限定的に現行法の規制を停止して実験を行えるようにする、主に政府支援の制度全般を指す。

銀行などがステーブルコインを決済手段として取り入れたりすることは、現在考慮していない模様だ。

デジタル通貨の可能性も探る

露中銀は、独自の中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する可能性を探求し続けているとも、ナビウリナ総裁は述べた。

市場、資産の流出、資金の再分配などの面で金融構造の変化につながる思わぬ結果を招く可能性があるため、従来の決済システムと比較して、企業や市民にとってどんなメリットがあるのかを把握する必要があるという。

一方、世界各国は中央政府発行デジタル通貨(CBDC)の採用を検討し始める傾向にある。

西欧でも、12月4日にフランス銀行総裁が2020年第1四半期末までに銀行がデジタルユーロプロジェクトのテストを開始すると発表した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B