リップルCEO「3000以上も仮想通貨は必要ない」 2020年はさらに選別進む 【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップルCEO「3000以上も仮想通貨は必要ない」 2020年はさらに選別進む 【ニュース】

リップルCEO「3000以上も仮想通貨は必要ない」 2020年はさらに選別進む 【ニュース】

リップルCEO「3000以上も仮想通貨は必要ない」 2020年はさらに選別進む 【ニュース】

リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは、「3000以上の仮想通貨は必要ない」と述べ、2020年は仮想通貨の選別が進むだろうとの見方を示した

12月26日にリップルが投稿した動画の中で、ガーリングハウスCEOをはじめとするリップルの幹部たちが19年の回顧と20年の展望を行った。

ガーリングハウスCEOは、19年に驚いたこととして、フェイスブックによるリブラの構想を発表したことだと語った。それにドナルド・トランプ大統領が仮想通貨についてツイートしたことも「予想していなかった」と述べた。

ガーリングハウス氏は、19年の「膝を打った瞬間(Aha Moment)」は、送金大手マネーグラムのアレックス・ホームズCEOが、決算説明会の中でリップルの決済技術ODLを称賛した瞬間だったと振り返る。

「1年を通じてマネーグラムの幹部たちと議論をしてきたが、懐疑的な姿勢から擁護者へと変化していった。これは本当に深く感じるものがあった」

2020年の仮想通貨業界については、選別が進むとの考えだ。

「スケールすることができるテクノロジーと仮想通貨は、マーケットの需要と本当のユースケースがあるものだ。業界ではさらに再編が進むだろう。3000以上もの仮想通貨は必要ないと思う」

リップルの最高技術責任者(CTO)、デビッド・シュワルツ氏は2020年に様々なブロックチェーンのユースケースを見ることができるだろうと予測する。

「ブロックチェーンの様々なユースケース適用で、さらなる成長がみられるだろう。は実際の問題を解決できるかどうかに焦点が当てられるだろう。ソリューションが先にあって、それを何かに使おうということではなくね」

リップルの投資部門Xpringのイーサン・ベアード氏は、ブロックチェーンが金融業界の基盤を置き換えていくことになるだろう予測する。

リップルの上級バイスプレジデントのマーカス・トリーチャー氏は、2020年代が「価値のインターネット」の時代になると語った。トリーチャー氏は「ブロックチェーンがほかの技術と統合され、第4の産業革命を一緒に生み出すだろう」と述べた。

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B