ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期
 

ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期

ビットコインの重要な節目となるか

今年2020年、ビットコインは大きな節目を迎えようとしている。

約5120億円もの新規の発行とそれに伴う売却があると言うことは、理論上は新規の5120億円の現金の流入がなければ、価格は維持できない。

まず、5月に起こると予想されている半減期、そして、ビットコイン改善提案(BIP)に盛り込まれているシュノア署名とタップルート実装という重要な技術アップデート。

価格が維持されている限りは、ニューマネーの流入があると考えることができる。

2017年のSegwit実装によるハードフォーク以来となるこれらの大型技術更新は、ビットコインのスケーラビリティとプライバシーに飛躍的な進歩をもたらすと期待されされており、2020年に実装される可能性もある注目ポイントだ。

その状況下で半減期を迎えることで、マイナーのIRRが悪くなり売却を手控えると需給バランスが変わり価格上昇が起きる。

重要なアップデート1:シュノア署名

重要なアップデート2:Taproot

ビットコインの半減期

シュノア署名は、ドイツの数学者で暗号学者のClaus-Peter Schnorr博士が発案した署名方式で、効率が良く安全な署名方式であるとして、ビットコインへの実装が議論されてきた技術だが、ビットコイン開発当時は特許取得済みの技術だっため、使用できなかった経緯がある。

ECDSA方式では受信者が同じでも、トランザクションごとの署名が必要とされるが、シュノア署名方式では、単独の受信者の場合、全てのトランザクションの署名を一つにまとめることが可能で、署名データサイズを削減できる。

さらにプライバシーを強化する技術として注目されるのはTaprootで、MAST(Merkelized Abstract Syntax Tree = マークル化抽象構文木)とシュノア署名の利点を融合することを目的としたソリューションだ。シュノア署名の実装が前提となる。

MASTは、ビットコインのスマートコントラクト機能を強化するものだが、トランザクションのデータサイズを削減し、必要な条件だけを公開することでプライバシーを高めることができる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B