ベネズエラの昨年のビットコイン取引量が5万BTC(約400億円)に-LocalBitcoins(Coindance)ベース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ベネズエラの昨年のビットコイン取引量が5万BTC(約400億円)に-LocalBitcoins(Coindance)ベース

ベネズエラの昨年のビットコイン取引量が5万BTC(約400億円)に-LocalBitcoins(Coindance)ベース

ベネズエラの昨年のビットコイン取引量が5万BTC(約400億円)に-LocalBitcoins(Coindance)ベース +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

引用:Coindance

ピアツーピア取引プラットフォームLocalBitcoinsのビットコイン(BTC)取引量が、アルゼンチン、チリ、ベネズエラなど経済的混乱を経験しているインフレ率の高い国で増加している。

コイン東京専属プロトレーダーも使用!
仮想通貨取引なら圧倒的出来高・操作性のBitMEXがおすすめ!

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

暗号通貨アナリストのジェームソン・ロップ氏は、2019年を通して高インフレ国のLocalbitcoinsの取引量が、「BTC建てでは概ね横ばいだが“法定通貨建て”で増加している」と指摘した。

LocalBitcoinsは、ビットコインをローカルで取引するための一般的なピアツーピア市場だ。実際のところ、8月に厳格なAML / KYC体制を導入して以来、取引量は世界的に低下しつつある。

そんな中でも2019年12月21日から始まる週にベネズエラとアルゼンチンでビットコイン取引量は急増し、それぞれ2,500万ドル(前週比+14.5%)と545,000ドル(同+60%)に達した。取引量の継続的な増加はビットコインに対する支持を示している。

Coindanceによると、ベネズエラは2019年にLocalbitcoinsを通じて約50132 BTC(約400億円)の取引が発生した。この規模は2019年第3四半期に総販売量約14,300 BTCと推定されたSquare『CashApp』に匹敵する。

米国はベネズエラに制裁を課したが、ベネズエラはすでに莫大な経済的圧力に苦しんでいる。国営石油会社PDVSA(Petroleos de Venezuela SA)はこれらの制裁を回避するためにビットコインと中央銀行を利用しようとしているため、ベネズエラ政府もビットコインに関心を持っていると報告されている。

昨年政府は国際送金用に『Patria Remesas』を開設し、ビットコインやライトコインを送信できるようにした。

暗号資産はベネズエラで主流となり、49店舗を持つ最大のデパート『Traki』はビットコイン、イーサリアム、および政府発行の暗号資産ペトロの支払いを受け入れている。ベネズエラは、ビットコインがインフレ経済国の法定通貨に取って代わる試験場となりつつあるかもしれない。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B