[cryptopack id="115"]

海外仮想通貨取引所ではショート・ロングともに減少、目先は小動きの展開か【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

海外仮想通貨取引所ではショート・ロングともに減少、目先は小動きの展開か【フィスコ・ビットコインニュース】

 

海外仮想通貨取引所ではショート・ロングともに減少、目先は小動きの展開か【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/01/06 17:04

年末年始のビットコイン価格は、7,000ドルから7,500ドル手前での小動きとなっている。中国では、デジタル人民元発行への下準備ともみられている「暗号資産法」が年明け1月1日付で施行されたが、今のところ価格への目立った影響は観測されていない。

そのようななか、一部国内取引所が出している投資家の未決済建玉情報(1月6日時点)によれば、75万円の買いが12月30日時点比では292枚→382枚、75万円の売りも同比で97枚から127枚と売り買いともに75万円の価格帯が増加している。一方、海外の大手仮想通貨取引所ビットフィネックスのショートポジションは、1月3日時点の7,000枚をピークに減少しており、6日時点では3,800枚ほどと直近3ヶ月間では最もポジションが小さくなっている。そのほか、ロング・ショートの比率は90%超えとロングポジションが圧倒的に多い状況は変わらないが、昨年11月以降、じりじりと増加していたロングポジションは、12月末の47,000枚台をピークに43,000枚台まで減少。国内取引所のポジションが売り買いともに増加する一方、海外取引所のポジションはともに減少する格好となっている。

ビットフィネックスのショートポジションとビットコイン価格との相関係数は−0.09と全く相関性はない(取得可能な3ヶ月データで計算)。ただ、昨年10月や12月にショートポジションが積み上がった(1万枚台)直後、買い戻しのような動きが建玉と価格で観測された。足元のショートポジション減少を見る限り、買い戻しが入る気配はないものの、短期的な値動きを追うには、ビットフィネックスのショートポジションは見ておきたいデータといえよう。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4651

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。