中東戦争懸念で「ビットコイン買い」加速か、BTC連日高騰の背景は|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中東戦争懸念で「ビットコイン買い」加速か、BTC連日高騰の背景は|仮想通貨市況
 

中東戦争懸念で「ビットコイン買い」加速か、BTC連日高騰の背景は|仮想通貨市況

仮想通貨市況

8日の日経平均株価は、前日比580円安の23,000円まで急落した。

背景にあるのは、米国によるイラン革命防衛隊のスレイマニ司令官殺害に端を発した、中東情勢の緊迫化だ。

イラン側が報復に言及すると、トランプ大統領もこれに応じ、米兵の大幅増派や「B52」戦略爆撃機配備の意向を表明するなど、開戦の危機に瀕している。

NBCニュースによれば、イラン革命防衛隊は、「米国が反撃した場合、(米国と近い関係にある)アラブ首長国連邦のドバイとイスラエルのハイファ米軍基地も標的にする」などと威嚇した。

ビットコイン(BTC)市況

そのような状況にある中、ビットコイン(BTC)も買われ、前日比+6%の90.6万円まで急騰している。

日米株式市場では昨年後期より高値更新が続いており、投資家の”余剰資金”は潤沢にあることから、リスク回避行動の一環で、利確(逃避)資金の一部が向いたとの見方もできる。テクニカル的に利確の入りやすい局面であった上、今回の有事リスクによる混乱で、世界情勢、及び国際金融市場の先行き不透明感の長期化懸念が台頭し始めたからだ。

BTC価格は昨晩、7,900〜8,000ドルのレジスタンスでもみ合った末、上値を切り下げると、日本時間AM1:00頃には、ダブルトップからの急落も示唆された。直近の市況を鑑みてセオリー通りに推移すれば、朝方にかけて数百ドル幅急落してもおかしくない局面であったと言える。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B