米マネーグラム、ホリデー期間のオンライン取引件数が前年比70%超の成長

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米マネーグラム、ホリデー期間のオンライン取引件数が前年比70%超の成長

(Image: Roman Tiraspolsky / Shutterstock.com)

国際送金最大手の米マネーグラム(MoneyGram)は1月6日、ホリデーシーズン中に前年比70%以上の取引件数の増加があったことを発表した。2019年12月1日から25日の期間、同社のオンライン取引において、主要な市場のすべてで10%以上の成長が見られたという。これらの80%がスマートフォンを通じて行われたもので、米国以外でのオンライン取引件数は、前年比120%増加としている。

マネーグラムは2019年に、米リップルとの提携と、仮想通貨XRPを活用した高速送金システム「ODL」(On-demand Liquidity)の導入によるインフラの更新を行ってきた。そのほか、ロイヤリティプログラムの対象国拡大、Visa Directへの対応、Webサイトのリニューアルなど、デジタル面の強化を行った。2019年内には新たに60以上の市場で同社のサービスが利用可能になったという。

マネーグラムのアレックス・ホームズ(Alex Holmes)CEOは今回の発表に際して「モバイルアプリの成功」を強調している。同社の国際送金用スマートフォンアプリは2018年にリリースして以来、160万回ダウンロードされている。2019年のホリデーシーズンには特にアプリの利用が増加した。これらのデジタル化推進の施策が、取引件数の成長として実を結んだものと見られる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B