「安全資産=ビットコイン」を達成か? 価格乱高下の背景を探る|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「安全資産=ビットコイン」を達成か? 価格乱高下の背景を探る|仮想通貨市況
 

「安全資産=ビットコイン」を達成か? 価格乱高下の背景を探る|仮想通貨市況

BTC価格乱高下の背景を探る

イランの革命防衛隊に属するクッズ部隊のソレイマニ司令官の殺害によってアメリカ・イランの緊張状態が高まった中で、ビットコイン(BTC)が「有事の際の安全資産」と市場が判断したことはあながち間違いではないようだ。

急ピッチな価格高騰で一時8500ドル(Coinbase)まで高騰したビットコイン市場は9日未明に反落。約15分で3万円幅の急落を記録、早朝5時の安値7840ドルにかけて続落した。

イランは「行動を抑制している様子だ」とトランプ大統領が述べ、両国の対立が悪化するとの懸念が和らいだことが要因だ。

前日にトランプ大統領が演説を予告していたことで、金融市場の反応度が高まっていたのも一因にある。

イランによるアメリカ軍基地への報復攻撃で中東情勢の緊張が高まるなかで、安全資産の金や債権、中東の原油供給が減るとの懸念から原油価格が高騰。堅調な推移を続けていたビットコインにも資金が流入していた今回の事例。

海外の著名アナリストWillyWoo氏はこのBTCの値動きについて、「有事の際の安全資産として、初めてのベータテストに成功した」と表現している。

なお、3日からのニュースをBTCチャートに落とし込むと、以下のようになる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B